安城市の建築設計事務所 愛着ある居心地よい建物を設計します

Workflow

◆ワークフロー

  1. まずは連絡を

    建物の新築・増改築・リフォームなど、相談したいと思っても、まず、どこに連絡したらいいかわからないものです。どのような用途・規模・内容・構造でもかまいません。どんなに些細なことでも結構です。まずは、お電話もしくはメールにてご連絡下さい。顔合わせの日時等を調整させて頂きます。

  2. 顔合わせ

    直接お会いし、お客様の計画の内容・期間、思い、私共の大まかな設計の進め方などをお話しし、お互いの考えを整理しましょう。

  3. 敷地調査、企画・構想 

    計画敷地の現地調査(リフォームの場合は建物調査)及び法規チェック・役所調査を行い、コンセプト・建物ボリューム・配置・スケジュールなど基本構想をまとめます。

  4. 初回提案(※初回提案までは無料) 

    基本構想を元に案をまとめ、計画やスケジュールなどの提案をします。その際、私どもの設計業務内容や進め方も説明させていただきます。

  5. 設計監理契約 

    初回案をよく検討していただき、設計の考え方やスタイル・進め方を理解していただけましたら、設計監理契約を結び、基本設計に進むための打合せ(次回打合せへの要望確認など)をさせていただきます。

  6. 基本設計 

    初回提案を元に、お客様の雰囲気やより細かな要望やこだわりをお聞きし、整理しながら、建物コンセプト(デザインや基本性能など)やプランニングの検討を重ね、納得のいく形になるまでていねいに計画を練りこみます。より、建物ボリュームや形などご理解を深めていただけるよう、模型やパースでの説明もおりまぜます。建物を計画する上でとても重要な時期です。お客様のイメージを膨らませながら、お互いのイメージを徐々に共有させ、常にブラッシュアップされたプランを提示し、ていねいに・たいせつに設計をすすめてまいります。

  7. 実施設計 

    基本設計の決定内容を、実際に建物を建てるための詳細図面として反映させていく作業です。この図面を元に、工事費見積を行うことになります。この段階では、内外仕上げの素材・色のイメージ、建具のデザイン・素材・大きさ、造作家具、照明器具・コンセント・スイッチの数や位置など基本設計よりさらに詳細な部分を決定し、すべて図面に反映します。決定していく際に、時には、サンプルを提示したり、ショールームに一緒に行き、実際に体験していただいたりして、設計をすすめてまいります。

  8. 見積査定、建設業者選定、申請 

    実施設計完成後、実際に工事を行う建設業者を選定する必要があります。まず、お客様の推薦する建設業者をお聞きし、ないようであれば、私共で建設業者を選定させていただきます。選定後、実施図面の内容・工事スケジュール・見積期間などを説明、図面資料等を配布し、工事費見積を依頼します。その後、提出された見積書を査定し、お客様との相談の上、建設業者を決定します。また、ほぼ工事費がまとまりそうになった時期をみて確認申請を提出します。

  9. 現場監理 

    建設業者との契約が完了した後、工事開始となります。設計図面通りに工事されているか、工事工程通り進んでいるかなどの確認及び建設業者との専門的な協議・調整、建築確認機関による各種検査などの立会いを行います。また、実施設計で決定した内外部の仕上の素材や色、コンセント・スイッチなどの高さ・位置などの最終確認・決定を行います。

  10. 竣工引渡し   

    事務所検査・お客様の検査を経て、竣工引渡しとなります。

PAGETOP
Copyright © 岡田中野建築研究室 All Rights Reserved.